1リットルの涙

1リットルの涙
1リットルの涙


いのちのハードル
いのちのハードル



映画やテレビドラマでご存知の方が多いと思います。

原作とドラマはやはり違うもので、

亜也さんの「生きたい!」「悔しい!」という気持ちが

ひたひたと流れ込んできます。



私は映画を見ていないので、そちらの方は言えませんが

テレビドラマの方は、期間が長い分、亜也さんの苦しみに

毎回、涙を流しました。



これは、中学校の先生がご自分の本を生徒に貸し出されて

クラスでまわし読みをしているようです。

長女が持って帰ってきた時、すでにボロボロでしたから。



彼女達は、亜也さんの生き様をどのように見るのでしょう。





banner_03.gif←よろしくお願いします。



リットルの涙/木藤 亜也/いのちのハードル/木藤 潮香




本・雑誌・コミック>絵本・児童書・図鑑>児童書
絵本・児童書・図鑑・コミック・写真集・絵本の予約・本・書籍・DVD・CD オンラインショッピング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。