盗まれた記憶の博物館

盗まれた記憶の博物館(上)
盗まれた記憶の博物館(上)


盗まれた記憶の博物館(下)
盗まれた記憶の博物館(下)

この本は、「ネシャン・サーガ」の著者イーザウが書いた

歴史ファンタジーです。



そして、ドイツのブックステフーダー賞を受賞しています。

子供の読者によって選ばれる賞で、かつて



モモ
モモ


で有名なミヒャエル・エンデも


はてしない物語
はてしない物語


で、受賞した名誉ある賞です。




子供に選ばれて受賞した本なのに、

難しくて、なかなか読めませんでしたε=( ̄。 ̄;)フゥ




古代から現代までの神々にまつわる話や

バベルの塔や哲学者の話を織り交ぜながら

現代のハッカーも出てくる、めまぐるしい展開です。




紀元前の記憶と、現代の記憶が行きかう町『クワシニア』。

そこに、父の記憶をなくした双子の弟オリバーが

独裁者になろうとするクセハーノの野望を打ち砕き、

連れ去られた父を連れ帰るために、仲間を見つけて進んで行きます。




双子の姉ジェシカは、現代に残り友達になった学芸員と

謎を解き明かし、オリバーと父を助けます。




両方の次元の話が、うまい具合に進んで

最後は、納得できる終わり方でした。



  哲学者ゼノンやプラトンの言葉、バビロン神殿などの

  細かな説明に手間取ってしまいましたが(;^_^A





舞台は、ベルリン。

ベルリンの壁や、ナチスドイツ、それに関わる話も出てきます。

忘れてはいけないのに、忘れられてしまう記憶として。。。





この本は、ファンタジーというより

過去の過ちを「記憶」としてとどめるだけで

忘れてしまう私達に、訴えるものがありました。





banner_03.gif←よろしくお願いします。


盗まれた記憶の博物館/ブックステフーダー賞/ネシャン・サーガ/ラルフ・イーザウ





本・雑誌・コミック>絵本・児童書・図鑑>児童書
絵本・児童書・図鑑・コミック・写真集・絵本の予約・本・書籍・DVD・CD オンラインショッピング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。